読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読むことを学ぶ、終に

イギリスで学ぶ大学院生の洋書多読日記/英語学習日記

IELTSと英検一級

イギリスでもロンドンでは英検をやっているので、先日英検一級の試験を受けてきました。C2プロジェクトの中に英検が含まれてるのかがよくわからないですが、一応結果報告まで。

結果は総合スコアは2818(Reading: 693, Listening:760, Writing:715, Speaking: 650)で合格でした。

英検一級というか英検自体が初めてだったので、IELTSと比べて印象に残ったことを参考になればと思い以下にメモしておきます。

Reading

結構な数の語彙問題がreadingセクションに含まれていて、語彙力がないわたしにはかなり厳しかったです。いわゆる、普通のreading部分はIELTSに比べて簡単/量がかなりすくなくい印象を持ちました。時間が結構余ります。IELTSとの大きな違いは語彙問題なので、語彙力に自信がない人は単語帳を使って勉強したほうがいいでしょう。

Writing

ReadingとWritingを同じ試験時間内にやるというシステムですが、問題は一つだけで、形式もIELTSと似ているのでまあ特にコメントすることはないです。ただ、回答用紙がものすごく小さいのでIELTSと同じ感じで書き込んでいくとページが足りなくなります。私は途中で気づいたのですが、結局スペースの問題で大幅に議論を端折らないといけなくなったので気を付けてください。(消しゴムで消すとかなり汚くなります)

Listening

読み上げられる英文の速さや聞き取りにくさなどはIELTSより簡単だという印象を持ちましたが、問題ごとに回答に与えられる時間感覚が結構せまく、かつ答えを書き写す時間がセクションの最後に確保されていないので回答の選択とマークシートの記入まで全部やらないといけません。これに途中に気付いてパニックになりましたので、わたしのようにはじめて受ける方は気を付けてください。

Speaking

IELTSでもスピーキングは苦手なんですが、今回は明確に失敗だったという感覚が残りました。スピーキングはトピックを与えられて答える形式なので、まあ同じような感じなのではないかと思うのですが、緊張していたからなのか、あるいは問題形式が実は違うのか。ちょっとわかりません。あと、はじめに自己紹介されるように促されるのですが、その時のインストラクションがIELTSに比べて少ないので、どこまで自己紹介すればいいのかよくわかりませんでした。全体的に試験官のひとはかなり親切な感じでしたが、IELTSにくらべて試験官の人はあまりしゃべらない印象をもちました。ただ、これは試験官ごとの個人差が大きいかもしれませんが。

総評

全体的には、IELTSである程度の点数(7.5以上とか)がとれるひとは合格は大丈夫だと思いますが、語彙問題だけは対策をしたほうがいいと思います。ご参考になれば幸いです。